WEBライターの独り言

念願の「書くこと」を仕事に。言葉の力でもっとたくさんの人を幸せに出来たらいいなと思っています。

ごはんを手作りしてきて良かったと思えた日

f:id:kahohime:20171120090647j:plain

昨日は末っ子の保育園の親睦会で、公園に集まってみんなで遊ぼう!という日でした。

持ち物はお弁当とダンボール。

原っぱの緩やかな傾斜のところで、ダンボールですべり台を作り遊んだりして、子ども達は大はしゃぎでした。

 

私は朝から娘のリクエストの唐揚げを作り、おにぎりを作り、でもどうせ友達と会えばお弁当なんてそっちのけで遊びだすから、後は果物くらいでいいや、と思ってました。

他のおうちはもっとちゃんと作ってくるかなあ、なんて思いながら。

でも、実際その場に行ったら、お弁当を作ってきたのはうちだけでした。みんなコンビニ弁当だった。

 

私は「持ち物:お弁当」とあったから、「作る」以外の選択肢が思い浮かばなかったのです。コンビニ弁当が好きではないから。

 

べつに、お弁当を作った私が偉い、と言いたいのではないです。みんな平日仕事だし、休みの日くらいゆっくりしたい。他のおうちがコンビニ弁当でもかまわない。

 

ただ、帰宅してからそんな話をして、私が「お弁当と”作るもの”なんだよね。買うものではなくて。」と言った時に、長女が「そんなお母さんで良かった。」と言ってくれたのです。

私はそのひと言が死ぬほど嬉しかった。

これまで、電子レンジも使わずにご飯を作ってきて良かったと思えた瞬間でした。

 

昔、まだ長女が赤ちゃんだった頃。

私の友達に「離乳食なんて全部買ってる〜!作ったことなんてな〜い!」と言っていた人がいました。

 

私はその頃、離乳食は全部作ったものを食べさせたい、と思って、一生懸命野菜を裏ごししたりしてたんです。

面倒だったけど。レンジもないし。

だから、「すべて手作りで食べさせるのと、買ったものを食べさせるのと、結果は同じなんだろうか。それでも同じように育つんだろうか。」と疑問に思ったのでした。

どんなものを食べさせても同じように育つなら、私がやっていることって無駄なんだろうかって。

でもその時に「そんなことはないよ。きっと後で違いが出る。」と夫が言ってくれたのでした。

 

その違いとやらが出たのが、長女の言葉だと思うのです。

長女はうちのご飯が一番おいしいと言ってくれます。買ったものは好きじゃないし、美味しいとも言わないです。

今長女は高校生ですが、最初の頃は毎日お弁当だった友達が、最近ではコンビニなどで買う子が増えてきた、と。

そんなのは嫌だと言って、お弁当を持っていきたいと言うんです。

コンビニ弁当を美味しいと思わない子に育ってくれて良かったと思いました。毎日ご飯を作ってきて良かったと思いました。

 

そりゃ、仕事をしているのでたまには惣菜を買ったりもしますし、外でご飯を食べることもあります。

でも、うちのご飯が一番だと言ってくれる家族が本当にありがたいと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

今日はいい日だ、という娘の口癖が好き。

f:id:kahohime:20171025132730j:plain

今日のお昼ご飯美味しかったね。

テレビ、面白かったね。

今日は欲しいと思ってた本が買えた〜〜。

たっぷり昼寝して気持ちいい〜〜〜〜。

 

日常の、ちょっとしたことで幸せになれるのが長女の特技です。

 

そして1日を終える時に

「今日はいい日だ!」と、1日を振り返り、その日にあった楽しいことを噛み締めています。

 

これはとても素晴らしいことだと思っているのです。特別なことではなくても、今日はこんなことをして楽しかったな、と思って眠りにつける。

とても幸せなことだと思います。

 

そして、そんな娘の口癖が、私は大好きです。

一緒に出掛けたりすると、今日は楽しかった、今日はいい日だ、と連発するので、一緒にいて楽しいのです。

 

自分も楽しいし、一緒にいる人も幸せな気分にさせる、こんな素敵な口癖、ずっと忘れないでいて欲しいなと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

 

25年振りのタカノフルーツパーラー

f:id:kahohime:20171025093728j:plain

大学生の頃、友達に誘われてタカノフルーツパーラーのビュッフェに行きました。

私はケーキ類があまり好きではないので、ひたすらフルーツを食べていたけど、タカノのケーキは甘さが控えめで、ケーキが苦手な私でも食べられるおいしいケーキでした。

 

それから早25年ほどが経ち、先日長女と一緒に再びタカノフルーツパーラーを訪れました。

 

そこで感じたことは、変わってないなあということ。

もちろん、メニューなどは常に美味しいものを追求されていると思いますが、サービスとかフルーツのおいしさとか、そのお店が提供している価値ですね、そういったものが昔のままで、とても嬉しくなりました。

 

大学生の頃は割と食べる方だったので、ひたすら巨峰を食べて、お皿一杯に皮を積み上げた記憶があったのですが、さすがに40代ともなるとそんなに食べられません。

娘も少食なので、ビュッフェはいつも「どれを食べようか」と真剣に吟味しないといけないのです。

今回も、どれから食べよう、このフルーツは必ず食べたいね、など色々考えながら食べました。

25年も前に若かりし頃の私が来たこの店で、娘と二人で食事をする。なんて感慨深いんだろう!!

早めに行って並んだ甲斐がありました。

少食なので、すぐにお腹がいっぱいになってしまうから、あまり長居はしないのですが、とても楽しい時間が過ごせました。

タカノフルーツパーラーはインターネットで予約が可能ですが、当日席も用意してあります。少し早めにいけば入れますよ。

<スポンサードリンク>

 

主語を大きくしないで欲しい

f:id:kahohime:20171022140601j:plain

「子連れはうるさい」とか「ベビーカーは邪魔だ」とか、子連れの女性に対して良くない思いを持っている人が多いなあと思いますが、確かに、マナーの悪い子連れはたくさんいます。

でも、そうでない人もたくさんいるはず。

なのに、たまたまマナーの悪い子連れに出会ってしまった人は、「だから子連れは」というような言い方をします。

 

 

子連れのマナーの悪さでイヤな思いをしたとしても、

「今日電車の中にいた子連れの女性は、子どもが騒いでも全く注意をしなくて不愉快だった」など、「特定の」人に向けて文句を言えばいいのであって、それを「だから子連れは」と、子連れ全部を批判しないで欲しいなと思うのです。

 

それと同じで、

「妊婦は」

「専業主婦は」

「働く母親は」

「女性は」

と、何でもひとくくりにして、批判する人がいるのがいただけないと思います。

 

主語を大きくし過ぎです。それは、批判する方にもされる方にもメリットがないことだと思います。

何もしていないのに、関係ないことで批判されるのもイヤだし、1度イヤな思いをしたからといって、何でもかんでも批判するような心の狭い人間にもなりたくありません。

 

だいたい、人というのはそうそう大きく変わらないのであって、例えば子連れでマナーが悪い人は、子どもがいなくてもマナーが悪いものです。子どものせいではありません。

 

だから、何かを批判したくなったら、その人のその行為を批判するのはいいけど、「○○は」とひとくくりにしない方がいいなと思っています。

 

少なくとも、自分が同じようなことで人を不快にさせていないか、見直すいいきっかけになる、くらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

 

<スポンサードリンク>

 

その気遣いが嬉しい。久々の素敵な接客

f:id:kahohime:20171006134938j:plain

 

今日は所用で午前中からでかけ、お腹がすいたのでちょっと早めのお昼を外で頂きました。

最近、日本の接客業って、こんなに態度悪かったっけ?と思うようなことが続いていたのです。

お客が店に入ってきたら、「いらっしゃいませ」もいわないとか、お客に対する言葉遣いとか、ものを食べながら奥から出てくるとか、ねえ、あなた達、ものを売る気ある?と思うような人を立て続けに見てびっくり。

いいものさえ出していれば売れるわけではないと思うのです、お店って。

接客も商品の一部で、気持ちよくお店にきてもらう、気持ちよく買い物してもらう、そして「また来たい」と思ってもらう。

それが接客なんじゃないだろうか。

もうね、とても残念というか、いいものを売っていても、この接客じゃいつか見瀬初ぶれるよ、って思うのです。

で、今日のランチの時なんですが、私の頼んだメニューがやや時間のかかるものだったらしく、オーダーの時には特に何も言われなかったため、マネージャーのような人がわざわざそれを断りにきました。

別に急いでいるわけではなかったので、かまわなかったのですが、ひと言断るかそうでないかで、待たされた方の気分て変わりますよね。

そのくらい当たり前、と思う人もいるかもしれないですけど、その当たり前ができないお店が増えていると思います。

また、私がパソコン出して仕事をしていたら、もう少し広い席に移りますか、と声をかけてくれました。

少し早めに入ったとはいえ、ランチの時に長居するつもりはありませんでしたし、一人で広い席を独占するのは申し訳ないので遠慮しましたが、それもわざわざ声をかけてくれたのが嬉しかったです。

そう、その気遣いです。

ちょっとしたことかもしれないけど、たくさんお客さんがいるのに、そうやって少しでも快適に過ごそうと丁寧な接客をしてくれるお店には、また行こうと思うんですよ。

ぞんざいな接客をしているお店に、是非見習って欲しいと思います。接客業をやってる人は、同業他社のお店にいって、色々研究した方がいいと思うなあ。

 

<スポンサードリンク>

 

 

 

もっと英語や外国語を勉強したいと思う今日この頃。

f:id:kahohime:20170919063327j:plain

これからは英語くらいできないとね、なんて大昔から言われてますけど、やっぱりその通りだと思うわけです。

なんでかっていうと、やっぱり最新の情報って英語なの。それが日本語に訳されるのを待っていたら遅い。

情報のジャンルによっては、日本語情報が出回るまでに数ヶ月以上、いや、もしかしたらそれ以上かかるかも。

だから、自分が極めたいジャンルを勉強するにも、やっぱり英語は出来た方がいいと思うわけです。

でも、日本人はちょっと自身がなさすぎなんじゃないかと思います。

というのも、英会話は苦手かもしれないけど、簡単な英文を見て全く分からないって人は少ないはず。中学から最低でも6年間勉強してるんだから。

英語で話したいのか、ものを書きたいかにもよるけど、全く出来ないってことはないのだから、あとは度胸だけだと思うんですけどね。

ということで、私は英語でものを書けるように、もっと文法勉強して語彙も増やしていきたいなあと思っています。

もちろん、会話もしたいので、話す練習もしますけれどね。

英語でもっとスラスラ文章が読めるようになったら、本を読むのも楽しくなりそう♪

 

<スポンサードリンク>

 

 

なんて贅沢な休日の過ごし方。

f:id:kahohime:20170904180355j:plain

 

日曜日は、朝起きたらとてもさわやかで気持ちのいい天気だったから、どこかへ出掛けたいなあと思った。

買い物とかに行くんじゃなくて、外でのんびりしたいなあと思って、植物園に出掛けた。

芝生でパパはビールを飲み、ちび子はソフトクリーム。私はそのソフトクリームを少しもらいながら、気持ちのいい風に吹かれていた。

なんて贅沢な休日の過ごし方なんだろう。

のんびりと、ただ風に吹かれるなんて。

目的を持って動くのもいいけれど、時にはこんな風に何をするわけでもなく外でぼーっとする、というのもいいものです。

たまには頭を空っぽにすると、いい考えも浮かんでくるかもしれない。

空に囲まれるって、いい気分。

<スポンサードリンク>