WEBライターの独り言

念願の「書くこと」を仕事に。言葉の力でもっとたくさんの人を幸せに出来たらいいなと思っています。

「あげる」と「やる」の違いを知らなかった!

ライターと名乗る以上は当然言葉に詳しくなければいけないと思っているのですが、「あげる」と「やる」、きちんとわかっていなかった・・・

 

・花に水をあげる

・猫にえさをあげる

 

これ、間違いです。

「上げる」は与える、やるの謙譲語。

本来は「〜に」に当たる人に対して丁寧にいう言葉だから、ものに対して「あげる」はおかしいのです。

 

目上の人に対してへりくだっていう言葉ですからね。

 

でも、丁寧にいう柔らかい言葉として定着してしまっている感がありますね。たぶん、「やる」というと乱暴に感じるからでしょう。

 

ですから、桃太郎の歌も

「あ〜げましょう、あげましょう」ではなく

「や〜りましょう、やりましょう」が正しいんですよ。昔はそう教わっていたそうです。

 

いやー、お恥ずかしい。

花に水をあげるも、魚にえさをあげるも普通に使っておりました。

 

ものや動物にへりくだってどうするのか・・・