WEBライターの独り言

念願の「書くこと」を仕事に。言葉の力でもっとたくさんの人を幸せに出来たらいいなと思っています。

DeNAの炎上問題でライターとして初心にかえる、の巻き。

f:id:kahohime:20161203154434j:plain

 

最近のDeNAの炎上問題、「welq」も関連サイトもすべて閉鎖してしまいました。

 

ここ数ヶ月は全く書いていなかったけど、私も記事を書いていたので、閉鎖されてしまったことはとても残念です。

 

まあ、致し方ないと思う部分もありますが・・・。

 

確かに、他のサイトをコピペしたような記事もありましたが、すごくいい記事を書いているライターさんだっていたのに。

 

運営の仕方がまずかったせいで、すべての記事が埋もれてしまうのかなと思うとちょっと悲しい。

 

中身を検証してから順次公開といっていますけど、中にはいい記事だってあるんです。そういう記事はぜひ残して欲しいなと思います。

 

でも、今回の件で、キュレーションメディアのあり方を考えさせられますね。もともとキュレーションというのは、権威のある人とかその道の専門家が価値のある情報をフィルターにかけて役立つものだけを提供するという性格のものだったと思うのだけど、いつの間にか、単なるまとめ的なものになってしまった。

 

その情報の信憑性など全く無視して、根拠も示されていない個人のブログなどから引っ張ってきた情報だけでまとめたものでも「キュレーションメディア」というようになってしまったのがいけないのかなと。

 

私はそういったサイトをほとんど見ていなかったし、welqで書いていながらwelqはあまり見ていなかった。

 

でも、SEO対策していると、そういうサイトでも上位にきてしまうんですよね。個人のブログなんて、どんなにいいことを書いても、そういうサイトに勝てるんだろうかと思ってしまいます・・・。

 

と、泣き言を言っている場合ではなくて、もっと価値のある、もっと私だけの世界観のある、読んだ人の心を動かせるような記事を書けるようなライターになりたいなと、今回のDeNA問題で、改めて思ったわけです。

 

読んだ人の心に響くような記事が書けるようになれば、数だけのサイトにも勝てるようになるかな。