WEBライターの独り言

念願の「書くこと」を仕事に。言葉の力でもっとたくさんの人を幸せに出来たらいいなと思っています。

ミュシャ展に行ってきました。そんなに混雑してなかった。

f:id:kahohime:20170326221243j:plain

3月25日(土)に、国立新美術館で開催されているミュシャ展に行ってきました。

春休みに入って最初の土曜日だし、混んでるかなと思って早めに出たものの、結局ついたのは開館5分前の9時55分でした。

 

その時点で、チケット売り場は結構列が出来ていましたから、行くなら前もってチケットを用意していった方がいいかもしれません。

 

私はオンラインで購入してから行ったので、そこで並ばずにすみました。

ミュシャ展 |オンラインチケット

 

展示室は入って2階です。入り口から30メートルくらい列が出来ていましたかね。時間になって少しずつ入れてもらえるんですけど、10分程度で入ることが出来たので、それほど待たなかったです。

 

それに少しずつ入れているせいか、中もそれほど混雑している感じはなくてゆっくり見ることが出来ました。

 

今回の目玉である『スラブ叙事詩』5メートル近い大型の作品なので、あまり近寄ってしまうと逆に見づらいです。だから皆さん離れて見ているので、絵の周りに人が溢れてしまって見えない、ということがありません。

 

こういった作品展では珍しく、写真OKの部屋があるので、もしゆっくり撮りたいならこの部屋に先に行った方が空いていていいかもしれないですね。時間が経つほど混んできます。

 

開催直後に行った方のブログを拝見した時に、ポストカードなどが売り切れ続出でグッズがあまり充実していないとあったので、欲しいものが買えなかったら残念だなあと思っていましたが、きちんと補充されていたのでしょうか、ちゃんとそれなりの数がありました。

 

マスキングテープとしおりなど、欲しかったものは無事買うことが出来ました。

 

『スラブ叙事詩』も良かったですが、私はやはりポスターが好き。『4つの花』はとても素敵でした。