WEBライターの独り言

念願の「書くこと」を仕事に。言葉の力でもっとたくさんの人を幸せに出来たらいいなと思っています。

25年振りのタカノフルーツパーラー

f:id:kahohime:20171025093728j:plain

大学生の頃、友達に誘われてタカノフルーツパーラーのビュッフェに行きました。

私はケーキ類があまり好きではないので、ひたすらフルーツを食べていたけど、タカノのケーキは甘さが控えめで、ケーキが苦手な私でも食べられるおいしいケーキでした。

 

それから早25年ほどが経ち、先日長女と一緒に再びタカノフルーツパーラーを訪れました。

 

そこで感じたことは、変わってないなあということ。

もちろん、メニューなどは常に美味しいものを追求されていると思いますが、サービスとかフルーツのおいしさとか、そのお店が提供している価値ですね、そういったものが昔のままで、とても嬉しくなりました。

 

大学生の頃は割と食べる方だったので、ひたすら巨峰を食べて、お皿一杯に皮を積み上げた記憶があったのですが、さすがに40代ともなるとそんなに食べられません。

娘も少食なので、ビュッフェはいつも「どれを食べようか」と真剣に吟味しないといけないのです。

今回も、どれから食べよう、このフルーツは必ず食べたいね、など色々考えながら食べました。

25年も前に若かりし頃の私が来たこの店で、娘と二人で食事をする。なんて感慨深いんだろう!!

早めに行って並んだ甲斐がありました。

少食なので、すぐにお腹がいっぱいになってしまうから、あまり長居はしないのですが、とても楽しい時間が過ごせました。

タカノフルーツパーラーはインターネットで予約が可能ですが、当日席も用意してあります。少し早めにいけば入れますよ。

<スポンサードリンク>